7月19日

本日19日入荷しました。

飛行機用・飛行安定装置・3G−A


飛行機用・飛行安定装置・3G−A
2013年5月23日現在

もう3D機には搭載が当たり前になっている飛行安定装置ですが、
最近は3D機だけでなく、スケール機やスポーツ機にも使用されております、
まだ使用されていない方はこの機会に試されてはいかがでしょうか?

安定装置と聞くと馬鹿にする方がおいでですが、
もう既にそう言う考え方は時代に合わない様です、
自動車のミッションも最初は毛嫌いする方が殆どでしたが、
今となってはマニュアルミッションは探さないと見かけません。

飛行安定装置も最初は同じでしたが、
今は、大変多くの方々に支持されております。

風の強い日に苦労して飛行しているベテランを横目に、
ゆうゆうと安定した飛行をしている初心者、
苦労しても誰も尊敬してはくれないでしょう。

プライドを捨てて試して見ませんか?
早く取得されて使い方を伝授されれば、
頼りにされる事うけあいです。



Bigaole(ビガール)3G−A・飛行安定装置・サンプル入荷

付属している専用ケーブルを使用して、
受信機のエルロン、エレベーター、ラダー、の各端子に接続します、
残りの1本は任意のAUXチャンネルに接続して、
ジャイロ・OFF、ジャイロ・ON、AVCS、の各モードを切り替えます。

各サーボは3G−Aの各端子に接続します。

ジャイロ・OFFモード、
通常の状態で飛行出来ます。

ジャイロ・ONモード、
エルロン、エレベーター、ラダーにジャイロが効いて、
安定した飛行をする事が出来ます。

AVCS・モード、
ジャイロは今の姿勢を保とうと、機体が動く瞬間だけ補正が効きますが、
AVCSモードにすると、機体がどんなに動いてしまっても、
AVCSスイッチをONにした時の状態まで、
機体が戻る様に補正してくれます。

不安定な小型機に搭載した場合は大型機の様な安定した飛行になり、
スケール機に搭載した場合は実機感のある飛行が楽しめます。

例えば、ナイフエッジ状態でAVCS・モードをONにすると、
ずーっとその姿勢を維持してくれます、
ホバリング状態でAVCS・モードをONにすると、
そのままの状態を維持してくれるので、
スロットルをコントロールするだけでその場に留まってくれます、
その時にエルロンを打てば回転を始めます。

BLFの坂本さんが投稿されたYOUチューブのページです。
http://www.youtube.com/watch?v=0Wn9Ts0-npw&feature=youtu.be


このページに掲載して2〜3日で世界中に、
飛び火した様で,すごい反響です。

http://www.helifreak.com/showthread.php?s=9106712708c542adfd03229296f51b30&p=4968671#post4968671

http://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?t=1886842

http://www.mexicorc.com/foro/showthread.php?t=21361

http://www.dragtimes.com/video-viewer.php?v=0Wn9Ts0-npw&feature


主要諸元
寸法:22x31mm、 重量:7.5g(ケーブル込み)
適合電圧:DC3.5V〜9V、

ご注意、
フタバ、JR、等の主な受信機ではテスト済ですが、
全ての受信機やサーボに適合するかは不明ですので、
予めご了承下さい。

サンプル入荷品ですので日本語の取り説は付属しておりません、
取り説は英文ですので、ご不明な点はお電話でお問い合わせ下さい。

3G−Aは通常の飛行機の他、基板のスイッチを切り替える事により、
デルタ翼機やVテール機にも使用可能ですが、
エルロン等のミキシングには対応しておりませんので、
2サーボの場合、Yハーネスを使用する必要があり、
フラッペロンやスポイロンには対応しておりません。

サンプル特価、2980円


新製品に付き直ぐに在庫切れとなる事が予想されますので、
ご注文はお早めにどうぞ。